ダメ人間の戯言。

日々是怠惰也… Since 2005/12/02~

【投稿動画】リッジレーサー2 ノンストップメドレー。

【音楽】リッジレーサー2 ノンストップメドレー


「2017年にもなってリッジ2?」といわれても、ストライク世代なので仕方がないのです。
アーケード版リッジ2の稼働は1994年なので、今年で23年ですか。ほぼ四半世紀前…(汗)
初代PSと同年ということを考えれば納得。

さて、このリッジ2は私がアーケードではじめてプレイしたリッジレーサーであります。
当時は今ほどゲームセンターが一般的な感じではなく、校則で出入りが禁止されていたような時代でございましたので、もっぱら市内にある某デパートのゲームコーナーでプレイしておりました。
筐体は2in1タイプでしたがやたらと音量が大きく設定されており、BGMに「Lords of TECHNO」を選択すると低音で椅子が振動するのがケツから伝わってくるという環境でした(笑)
注:リッジの2in1筐体は椅子のヘッドレスト部分にスピーカーが設置されていた上に椅子がプラスチックの一体成型だったので、スピーカーの振動が伝わりやすかった。

ゲーム音楽に本格的に興味を持ち始めたのもこのあたりがはじまりで、「ナムコゲームサウンドエクスプレス」シリーズで一番最初に買ったのがリッジ2だったと思います。
(ちなみに最初に買ったゲーム音楽CDはたしかFF4。)
その後は坂を転げ落ちるがごとくゲーム音楽バカの道へ突き進み、ゲーム音楽以外ほとんど聴かないという状況へ…
大学生のときはゲーム音楽CDを探すべく、暇があると秋葉原の石丸ソフトワンに立ち寄ったりしてましたねぇ。

そんなわけでこのリッジ2はかなり思い入れのある音楽なのですが、今回メドレーではじめて「作曲者の違う曲を繋げる」ということに挑戦しました。
とはいってもレースゲームのBGMとして方向性が整っていたので、それなりに上手いことまとめることができたかな?と思います。
ちなみにノンストップメドレーをつくるのが一番大変そうなジャンルは「音ゲー」だと思います。
音ゲーの音楽はゲームの主役だけあって、作曲者の個性のぶつかり合いですので…



そんなわけでいろいろ思い入れのある曲を頑張って繋げてみました。
皆様のお気に入りになれば幸い。
  1. 2017/03/20(月) 00:28:41|
  2. ニコニコUP物
  3. | コメント:0

ニコニコ動画のUP物まとめ。

ニコニコにUPしたもののまとめ記事。
なにかをUPしたときに随時更新の予定。
・・・予定(何



FFバトルメドレー系。

  

  





COOL&CREATE様関係。

  

  



めがてん細江さん(というよりめがさんRottel)関係。

  

  



「リッジレーサー2」全曲のノンストップメドレー。





「メタルマックス」シリーズの「お尋ね者との戦い」メドレー。





シューティングゲーム「雷電」1&2のメドレー。





「艦これ」の戦闘曲メドレー。





「パカパカパッション」シリーズより、XL-TechnoとRemixの2曲同時再生。





電撃PS超人ビデオタグの全部。(数が多いので、タグでリンク)



いじょ。
  1. 2017/03/20(月) 00:00:00|
  2. ニコニコUP物
  3. | コメント:0

一年以上前の投稿動画。

昔のネタでお茶を濁す(お

【音楽】2XL TECHNO -Dual Mix- <Acoustic Rave Dance Techno>


えーまず元ネタの話から始めますと、1990年代後半から始まった音ゲーブームの最中、PRODUCE!社制作でナムコから販売された音ゲー「パカパカパッション」というゲームがありました。
パカパカパッションの詳細はWikiあたりで。

パカパカパッション - Wikipedia

ここをご覧の方は大体ご存知でしょうが、わしはこのゲームにかなり熱を入れまして、関東各地へ遠征したり、地元で遠方から来られた方々とオフ会したりしてました。
今回の曲についてはその当時から「やってみたいなー…」と考えていたものです。
とはいえ当時のPC環境と私の技術ではできるはずもなく、自分の頭のなかでイメージするだけでした。

それから十数年。
PCのスペックは飛躍的に伸び、音楽編集ソフトもフリーソフトでいろいろなことができるようになりました。
そんなわけで、長らく頭のなかにしまってあったネタを現実化したわけです。



とはいえ、ただくっつければできるものでもなく。

まず今回の素材の2曲、テンポが結構違います。
しかもオリジナルのXL-Technoに関してはBPM不明…(汗)
一応自分なりにおおよその目安を付けて、Remixとの速度調整をしました。

その後は曲の構成の調整。
XL-Technoの曲構成は…

前奏→A1→B1→C1→C2→B2→A2→後奏

といった感じ。
対してRemixは…

前奏→A1→B1→C1→A2→B2→C2→後奏

というところ。
テンポは速い方に合わせる(遅い方に合わせると速い方の音が間延びするため)と決めていたので、オリジナルの方を構成変更。
両方で欠落する部分がないように構築していったら、最後の部分でRemixのほうの長さが足りなくなり、仕方なくRemixもストレッチ(お
というわけで、完成したものはオリジナルともRemixとも曲の長さが違うものとなりました(笑)



そんなわけで今回のは昔から考えてたネタを具現化したものでございます。
まぁそれを言ったらFFメドレーもRottelメドレーも同じなんですけどね。
今回のは他と違って速度調整が必要だったので、いつもより実作業時間がかかりました。
思った通りの形にはできたので、個人的には満足です。

次回はこの間のリッジ2メドレーの話…のはず。
  1. 2017/03/05(日) 23:13:52|
  2. ニコニコUP物
  3. | コメント:0

NDロードスターRFに試乗。

あけましておめでとうございました。

…新年も10日を迎えるというのに、新年の挨拶もクソもないですね。

えー、mixiやTwitterでは細々動いていましたが、ブログは去年の5月より更新が止まっておりました。
主な原因は例によってお仕事方面です。
まぁ一言で言うなら、「仕事場が家から遠いことにメリットなんぞなにもない。」といったところでございます。
そんな仕事場とも去年末でおさらばしたので、またぼちぼち更新していければと。



さて新年早々我がNCが6ヶ月点検ということで、ディーラーに行ってまいりました。
なお、去年の4月に前の現場に入る前に走行距離が80000km目前だった我がNCは、去年の年末時点で94000kmを超えました。

…ホント、職場が遠くていいことなんぞないわ…
ま、おかげでNCを乗り潰す決心がついたわけですが。

ともあれそんな感じなのでメンテナンスはしっかりしておこう、ということで点検を受けに行ったら、「ロードスターRFの試乗車があるので、乗ってみませんか?」とのありがたい提案をいただいたので、お言葉に甘えて試乗させていただきました。
今回はその感想を書いてみようと思います。
当然のことながら我がNCとの比較が中心となりますので、ご承知おきください。



<試乗車スペック>
車種:ロードスターRF
グレード:RS
シフト:6MT
カラー:マシーングレーメタリック
その他:メーカーオプションのBBSホイール&ブレンボブレーキ付き


<スタイリング>
スポーツカーらしいスタイリング。
NCのRHTが幌と同等のフルオープンであることを目標としたのに対し、RFはハードトップならではのスタイリングの流麗さを優先しているので、NCのRHTとは別のものと考えるべきか。
その代償として、NCのRHTより左後方の視界が悪化。
NDの幌と比べたら多少マシくらい?
残念ながらオープンで走れなかったので、風の巻き込みは不明。

RFで追加になったマシーングレーメタリックは結構濃いグレー。
夕方だったので、外灯の下で鈍い光を放っているような感じだった。

NCのRHTはオープンにするときにトップロックを手動で解除する必要があったが、NDのRFではトップロックの解除も全て電動化され、スイッチを押しておくだけで全自動でオープンに。
屋根が動いているときの動作音はNCより低減されている。
後方に屋根が残るので開放感はNCのRHTほどではないが、安心感はNDのRFの方が上。
NCのRHT乗りとしては、屋根の動作が終わったあとに窓がちゃんと元の位置に戻るのが羨ましい(笑)
※NCのRHTは屋根が動くときに窓が少し下がるが、屋根の動作が終わったあとも下がったままなので、自分で閉める必要がある。

<インテリア>
基本構造は幌と同じ。
屋根を開け閉めするスイッチが追加されたくらい。
試乗車はRSだったので、シートヒーターのスイッチも付いていた。
つーか、個人的にはロードスターは全車全グレードシートヒーター標準にしていいと思うんだけど。
あれば寒い時期にオープンにするときずっと楽なのに。

屋根が動いてる間、左側メーター内の液晶に屋根の動作状況が表示されるらしいのだが、屋根ばっか見てて確認するの忘れた…

レカロの着座位置がノーマルシートに比べて高いってのを幌のRSが出たときにネットの記事で読んだけど、たしかにノーマルより高い。
その分フェンダーがよく見えて車幅感覚がつかみやすく、乗り降りもノーマルシートより楽。
個人的にはこのくらいの高さのほうが好きだなぁ。
サーキット行くなら別なんだろうけど。
背が高い人はノーマルシートでギリギリ大丈夫だからと判断すると、万が一があるかも?

<ドライビング>
今回試乗車が走行距離250kmのド新車だったせいもあるんだろうけど、乗り心地ははっきりと固い。
トントン、コツコツ、路面の凹凸拾いまくり。
馴染んだら良くなるんだろうけど、もしあのままだったら結構キツイ感じ。

シフトが渋いのは最近の新車のMTによくあること。
こっちも馴染むのに期待かね。
ストロークは短いです。

エンジンは低回転でも結構粘る。
5速1500回転で陸橋の上り坂でも走れる。
高回転まで回しても特にドラマチックなところがないのは、歴代ロードスターと同じ。
この車はエンジンの性能を楽しむ車ではない。
それでも歴代に比べればスムーズに回る。
メーターを見た限りでは、レッドゾーンは6750くらいからだった。

アイドリングストップもついてた。
停止してニュートラルでクラッチペダルを離すとストップ。
早めにニュートラルにしてクラッチペダル離して惰性で動いていくと、スピードが0になったところでアイドリングストップになる。
再始動は速いが、普通のエンジンスタートと同じなので音は大きめ。

車内騒音はNCのRHTよりも静か。
普通に走ってるぶんには一番うるさいのはロードノイズ。
エンジン音がNCより静かになってるので、ロードノイズが目立っているというところか。
さっきも書いたけど、アイドリングストップからの復帰が結構大きめの音なのが目立つ。
直前が無音なので余計そう聞こえるのかも。
オーディオかけてたらどうかなぁ?

あと幌に乗ったときにも思ったけど、NDはNCより車内が狭い。
NB乗ってる友人”も”に聞いてもNDは狭いと言ってたので、NBより狭いのかも?
スポーツカーなのでタイトなのは普通ですが、全幅が歴代最大なのに車内が狭いとは如何に。
衝突安全とかの絡みがあるんでしょうけど、必要以上に狭くする必要はないのでは…
個人的にはNDになってグローブボックスをなくしたのも納得行かない。
ただでさえ物を置く場所が少ないんだから、付けられるなら付けてほしかった。



覚えてる範囲でズラッと書きましたが、なんかわりとネガティブな感じになってしまいました。
まぁ、買えない僻みだと思って許して下さい(笑)
ロードスターだけではないですが、最近のマツダは熟成が肝要なので、今後に期待します。
歴代ロードスターも一回マイナーチェンジするとガラッと変わってるので、これからです。

そんなわけで、ロードスターRF試乗レポートでした。
今年もよろしく。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/01/10(火) 00:16:49|
  2. | コメント:0

ろどすた燃費 2016年5月 3回め。

走行距離:391km
給油量:29.77L
燃費:13.13km/L
ハイオク・117円/L


連休も終わって通常モード。
燃費も13km/Lを超えて上々。
とはいえ日中の気温は少しずつ確実に上がっているので、社内が狭いこともあり温度が上がりやすいです。
今のところまだ湿度がないので風が強くなければ窓を開けてしのいでますが、これからはエアコン必須の時期になりますねぇ。
ちゃんと冷たい風が出るか確認しておかないと。

今年はどれくらい暑くなることやら…
  1. 2016/05/15(日) 20:40:32|
  2. NCロードスター燃費記録
  3. | コメント:0
次のページ

カウンタ

since 2007/12/15

ぷちゲーム帝国

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

ご意見等、お気軽にどうぞ

名前:
メアド:
件名:
本文:

プロフィール

赤狼

Author:赤狼
群馬県南部在住。
車&ゲーム&マンガ好き。
月末になると暴走して散財する。
翌月のカード請求を見て後悔する。
しかし翌月末になると暴走して(ry

X-BOX Live!

外部リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索