ダメ人間の戯言。

日々是怠惰也… Since 2005/12/02~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Sleipnir4(Chromeエンジン)でRoboformを使う方法。

OS再インストールの時に戸惑ったので、自分用メモも兼ねて覚書き。

1:Roboformがインストールされている場合は一旦アンインストールする。
 ※アンインストール途中にユーザーデータを削除するオプションが表示されるので、間違って削除しないように注意

2:Sleipnir4をインストール

3:Google Chromeをインストールする
 ※標準のブラウザに設定すると後々面倒くさくなるので、オプション設定に注意

4:Roboformをインストールする
  インストール時の「組み込み対象ブラウザ選択」で、「Google Chrome」にチェックを入れる

5:Sleipnirのメニューから「エンジン設定」→「Blink設定」で設定画面を開き、「拡張機能」で「Roboform」を有効にする
  ※「Blink設定」はChromeのエンジン名によって変わるかも?

6:一応Sleipnirを再起動


これで動くはず。
Chrome本体は、必要なければRoboformの動作確認後アンインストールしてOK。

まぁこれで分かることは、「Sleipnir4はChromeだとは(少なくともRoboformのインストーラーからは)認識されてない」ってことですね。
使えるようになるだけマシか…

誰かのお役に立てば幸い。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/20(日) 20:31:37|
  2. PC
  3. | コメント:0

HDDの温度、その後。

データ移動やらなんやら済ませて運用しております。

んで、肝心の温度はどれくらいかといえば、普通の状態で40度前後。
前の2TのHDDが同じ状態で動かしてだいたい53~55くらいだったので、めっさ低いです。
となりに置いてある7200rpmのほうは47前後ということで、回転数の違いによる温度差も結構あるようで。

ちなみにデータ移行で結構な負荷がかかってる状態でも45度前後くらいで安定してました。
クレードルに裸状態で挿してた前のHDDはクレードル機材から温度警告が出るくらいの温度になってましたけどね・・・
こりゃ涼しくなるまでデータ完全消去もできないな。

ま、そんなわけでHDD交換の効果は確かにあった、という話でございます。
  1. 2012/07/31(火) 22:31:24|
  2. PC
  3. | コメント:0

HDDの温度。

わしのPCのには内蔵でSSD1台とHDD1台、外付けでHDD2台収納のケースが2つあるのですが、昨日外付けのHDDケースを触ってみたら温度がかなり上がっていることに気づきまして。
SMARTで確認してびっくり、59度(汗)
注・・・一般的なHDDメーカーのスペックシートでの許容限度がだいたい60度

一応HDDケースにも小型のファンがついていて換気してくれているはずなのですが、どうにも元々の取り付け位置が悪くてあまり機能していない様子。
なんで排気用のファンを一番下につけたのか・・・

収納しているHDDがもともと発熱が多いタイプなところへ、外付けHDDに入れていたゲームを動かしていたのも手伝って、相当すごい温度になってしまった模様。
とりあえずゲームを止めてしばらく待ったら少し下がったものの、それでも50度台真ん中くらいをウロウロ・・・

こりゃなんか対策せにゃならんね。

発熱の少ないHDDに交換するか、ケースのエアフローを改善するか・・・

ふむ。

他のHDDのSMARTを見てみると、もう一台のHDDケースに入っている方(メーカー、容量は同じだが少し新しいモデル)は40度台半ばなので、やはり発熱の少ないHDDにするのがよさそうだな・・・
ということで、同じ容量で新しいHDDを発注。
今までは7200rpmを使ってたけど、外付けではあまり意味が無いような気がするので、今回は5000rpm台のものに決定。
熱量的にもこっちのほうが優しい。

ケースのエアフロー改善は・・・とりあえず排気口が上になるように上下逆にしてみるか(お
立て置き2台並列だから、上下逆にしてもHDDのにはあまり影響しない・・・はず。
ついでにカバーを少しずらして、隙間を増やしてみよう。

あとはー・・・部屋で動いてるサーキュレーターの風が直撃するようにしておくか(笑)

さて、あとはHDD交換でどこまで効果が出るか・・・
明日辺り作業しますか。
  1. 2012/07/26(木) 00:06:04|
  2. PC
  3. | コメント:2

PC買い替えを検討。

とりあえずお仕事探しに目処が付きそうなので、PCの買い替えを検討。

・・・し始めたのだが、どうにも現在売っているCPUの評判がよろしくない。
主に放熱関係の評判が悪いようで、大半のサイトは「マイナーチェンジまで待て」という様相。
放熱の問題は冷却ファンの騒音に結びつくので、いいに越したことはない。

今のPCが重すぎるというわけでもないし、もう少し待ちますか・・・



そういえば今のPCがにはXPの環境が残っているわけですが、最近ではめっきり立ち上げる機会も減り、もう月に一度WindowsUpdateの時に立ち上げる位となってしまいました。
「そろそろ消してもいいのかなー」などと考えてもいますが、だいたいこういう時は消した途端に必要になることが多いので、なかなか決断できず・・・

とりあえずこれも放置(お
  1. 2012/07/21(土) 22:52:35|
  2. PC
  3. | コメント:3

お前が犯人か!

前回の記事を書いたあと、いろいろ考えながらWindows7の動作を検証。
前回の記事を書くまでの調査中にCPUの負荷が跳ね上がってるのは確認したので、プロセスから負荷をかけているプログラムを追う。
動作を見ている限りではウイルス対策ソフトが負荷をかけている模様。

確かにWindows7になったと同時にウイルス対策ソフトを新バージョンへと更新しているので、XPでは出ないのかもしれない・・・などと思っていたのですが。

そもそもなんでこんなに頻繁にウイルス対策ソフトが動くのよ?

という疑問点が浮かんできたので、XP環境と7環境で導入されているソフトを見比べてみた。

そしたら一個見つかりましたがな。

7に変えたあとにバージョンアップしたソフトが。

その名も「Perfect Disk 12」
結構有名なデフラグソフトなんですが、12にバージョンアップをしたら機能がいくつか追加されたんですね。
そのうちの一つの機能として「自動デフラグ」というものがありまして、システムがアイドルになった時に自動でデフラグをしてくれる機能なんですが、これが原因でした。
OFFにしたら処理落ちもなくなりましたよ。

まぁざっと素人考えでは

自動デフラグ機能ON→ある程度の間隔でシステムの状態をチェック→そのプロセスに対してウイルス対策ソフトがチェック→負荷発生→処理落ち

というところでしょうか。
バージョンアップが意外なところで影響が出ました。

つーわけで、問題が解決できたので再びWindows7環境に復帰。
Direct3Dの初期化失敗でで動かなかったゲームも、ググってモニタのリフレッシュレート設定を変更したら動いたし、これでだいたい解決かなー?

次の問題が発生しないように祈ります(笑)
  1. 2012/02/28(火) 23:18:15|
  2. PC
  3. | コメント:2

そしてXPに戻る(お

一ヶ月のご無沙汰でございました。

あいも変わらずのんべんだらりと過ごしておりますが、前回の記事を書いたあとにあれこれテストをしていたところ、ゲームの最中に10秒に一回くらいのペースで豪快に処理落ちすることが判明。
状況を調べてみたところ、処理落ちの瞬間にCPUの使用率が瞬間的に25%近くまで上昇しているのを発見しました。

設定でなんとか回避できないかといろいろ模索しましたが、結局どうにもならずXPへと逆戻りとなりました。
もちろんXPでは処理落ちは出ません。
テキスト読んでるだけのゲームなら問題ないけど、アクション系とかのリアルタイム入力が求められる系統は処理落ちはキツい。
やっぱOSを上げるときはハードも根っこから入れ替えたほうが面倒がないわな・・・

とはいえ今回使用したWin7は単独ライセンスなので、そのうちPCを購入したら流用可能。
あと2年でXPのサポートも切れることだし、それまでにPC購入してライセンスを活かしたいものです。

巷では8の話も聞こえてきてますが、どうなりますかね・・・

そんなわけで、トホホな感じでございました。
  1. 2012/02/23(木) 00:08:58|
  2. PC
  3. | コメント:0

Windows7に移行。

2012年元旦からWindows7に移行しました。
まーOS自体はだいぶ前からセットアップしてあったものの、とりあえずXPとデュアルブートでメインはXPな感じで使っていたわけです。
で、大方移行しても問題ないことがわかってきたので、元旦に7をメインに移行。
その後ちょこちょこした不都合を潰して、なんとか納得できるレベルになったかなぁ、というところです。
(XPはデュアルブートのまま残ってます。)

・・・まぁ正直少々やりすぎた感もあったりしますが(お
具体的にはSSD導入とメモリ倍増。

SSDはIntelの320シリーズの120G、メモリはマザボ上限の8Gまで増設。
これだけやっても25000円でお釣りが来るんだから技術の進歩とは恐ろしい・・・

とはいえ実際には3年ほど前に似たような環境自体は構築していたりします。
その当時はプチフリ騒動に巻き込まれてHDDへ戻してしまったわけです。
当時はOSもXPだったから、メモリも8Gもいらんわってことで何故か4Gに戻してしまっていたり。

今回は信頼のIntel製SSDということで、問題なく動作しています。
SSDは寿命がー・・・なんて話もあるようですが、SSDの寿命よりも今のPCが陳腐化する方が早いと思うので問題なし(お
今回買ったのは320シリーズでSATA6Gにも対応していないので、次のPCに使いまわすメリットはなさそうですしねー。
ま、そんなのは次のPCを買うときに考えればいいこと。

つーわけで、これでまたしばらく戦えそうな環境が出来ました。

・・・が、データ用のRAID1構成のHDD(2T)の空き容量が残り10%くらいになってます(お
しかし今のHDDの相場ではちと手が出しにくい。
Windows7になったことで認識できるHDD容量の上限も上がったことだし、次は4HDDでRAID10とか行きたい所存(お

・・・そこまでするほど重要なデータはもってないですがね(笑)
  1. 2012/01/23(月) 23:15:52|
  2. PC
  3. | コメント:0

データ保護。

前の仕事をしていたときに、よく聞かれたことのひとつとして

「データの保護ってどうするのがいいの?」

ってのがありました。

まーお仕事で使うデータならサーバーやらテープ装置やらで保護するわけですが、個人でそんなもんを導入するわけにもいかん。

つーわけで、そんなときにオススメしてたのは

・外付けHDD
・RAID1


の2点でした。

外付けHDDをオススメしてたのは、1台のパソコンが死んでも他のパソコンに繋げばすぐにデータが取り出しやすいから。
USB接続できるやつなら、今時のほとんどのPCに繋げられるし。

RAID1は耐障害性が一番高くて、HDD2台から組めるから。
RAID5だとHDDが最低3台?必要。
しかも耐障害性は低くなるし。

まー実際に外付け+RAID1にした人はいませんでしたが、外付けHDDに移すようにしてくれた人は結構いましたよ。
パソコンが起動しなくなって、データも取れませんじゃダブルパンチですからのう。
まぁHDDの物理故障じゃなければ、機材さえあれば大体のデータは取れることが多いですけどね。
自宅でそんな機材持ってる人のほうが珍しいですけど。
デスクトップに保存してるデータとかはOS入れなおしたら消えますしのう。
(たしかWin7は残したままいけるけど。)

ま、そんなわけで、パソコンが壊れて泣きたくなければ、せめて外付けのハードディスクにデータを逃がすくらいはやりましょう、というお話。

システムとかの環境保全については機会があれば。
  1. 2012/01/08(日) 23:15:22|
  2. PC
  3. | コメント:0

グラボ(外)。

通勤途中にあるパチ屋の看板(縦横ともに2メートルくらい)が綾波さんになった。
ぱっと見でパチ屋だと全然わからないけど、あれでいいのだろうか・・・



誰得PCパーツ。

ASCII.jp:ビデオカード外付けキット!? 久々の「人柱アイテム」が来週発売!

ノートPCにデスクトップ用のグラボを外付けするというものらしく。

・・・発想が根本から間違っているような気がします。

記事を読んだ限りでは一応動くようですし、ネタとしては面白いですな。
買う気は起きませんが。

そのうち実用化・・・されないよな・・・(笑)
  1. 2010/07/07(水) 22:24:19|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HDDの構成を変更。

なんか半年に一回くらいこんなことやってる気がします。

これまでの構成は

内蔵 80+320+160+1000
外付 500+1000

今回の変更後は

内蔵 80+500+320
外付 2000

というように集合させました。

まぁ実際今までの状況も内蔵の1000と外付けはデータ保存用だったので、それをひとつにまとめただけなんですけどね。
違うのは2000のところがRAID1で、実際には2000*2なあたりでしょうか(お

今までの外付けはUSBだったけど、今度はe-SATAなので速い。
当初はマザーボードのe-SATAポートでやるつもりだったけど、なんかPC電源連動がうまくいかなかったので、内蔵SATAポートをPCIスロットへ延長して、そこからe-SATAで外付けする方式に。
マザボのe-SATAだと、起動途中に一瞬電源がおちるっぽいのよね・・・

しかし堅牢性としては多少あがったものの、容量としては微減なので、要らないデータとか整理しないとなー・・・

・・・そう思ってやった例がないですが(お

ま、これで1パーティションとしてはOSの認識限界に来てしまったので、これ以上データが増えたらどうしましょうといった感じですねー。
そんときはBD-Rでも導入しますか(笑)
  1. 2010/04/11(日) 22:46:11|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンタ

since 2007/12/15

ぷちゲーム帝国

最近のコメント

最近の記事

メールフォーム

ご意見等、お気軽にどうぞ

名前:
メアド:
件名:
本文:

プロフィール

赤狼

Author:赤狼
群馬県南部在住。
車&ゲーム&マンガ好き。
月末になると暴走して散財する。
翌月のカード請求を見て後悔する。
しかし翌月末になると暴走して(ry

X-BOX Live!

外部リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。